“Our Landscape 高木俊幸” preview Vol_5

@ Gallery Trax
( 山梨県北杜市高根町五町田1245 )
http://www.eps4.comlink.ne.jp/~trax/main/top.html

開催日時 
2015年3月11日(水)
14日(土)15日(日)
21日(土)22日(日)
上記、5日間のみの開催です。
Open 11:00 ~ Close 17:00

。。。

トークセッション&レセプションパーティー
2015年 3月15日(日) 13時~

ゲスト:ワタナベ / カズヒロ
(フォトグラファー、ファーマー)

モデレータ:近藤ヒデノリ
(クリエイティブディレクター、編集者)

。。。

”Our Landscape”
は、日本の原子力発電所とその周辺を巡るフィールドワークを2008年5月からスタートし、各地にある原子力発電所やその周辺の風景を撮影し続けているセルフプロジェクトです。

2011年3月11日の大震災から起こった福島第一原子力発電所の事故を経て、まだ製作途中だったこの作品を同年7月に東京の大伝馬町131ビルにて第一回目のプレビュー公開展示をスタートしたことを皮切りに、今回山梨県北杜市にあるギャラリートラックスにてその第5回目のプレビュー展示を2015年3月11日から開催することになりました。
内容は、今までお見せしてきたものに加えて、新たに撮影した新作を数点含めた20点ほどのものとなる予定です。

さらに、3月15日(日)13時からは、トークセッションを行います。
ゲストは、北杜市小淵沢エリア在住のフォトグラファー&ファーマーのワタナベ/カズヒロさんです。

私の友人である彼は、東京での都会暮らしから一転、家族とともに山梨県北杜市小淵沢へ移住し農業を始めました。

もう一人、進行役として
クリエイティブディレクターで編集者の近藤ヒデノリさんをお招きし、3人交えて、これからの暮らし方の話、自給自足の食べものの話、写真の話、etc、、、ゆったりと話しをしたいと思っています。

。。。

トークセッションが終わったあとは、レセプションパーティーを開催させて頂きます。
(ギャラリーオーナー三好悦子さんお手製のお料理があります!)

パーティー参加費用=¥ 1,500-(お料理)
プラス¥500- (フリードリンク)
となっております。

15日のレセプションパーティーの参加人数を知りたいので(お料理やドリンクの準備がありますので)
参加して頂ける方は12日までにお知らせください!
(お連れ様がいらっしゃる場合は、合計人数をお願いします)

。。。

今回の会場となりますギャラリートラックス、
八ヶ岳、南アルプス、富士山、etc…美しい山々に囲まれていて、とても居心地の良い空間です。

沢山のご参加をお持ちしております。
宜しくお願い申し上げます。


。。。


3月15日 13時~トークセッション

GUEST

ワタナベ/カズヒロ
フォトグラファー兼ファーマー(フォトグラファーマー)

1967年10月3日生
与田弘志氏に師事後、93年から96年までロンドンで過ごす。
ファッション、ポートレイト、スティルライフなど広告、エディトリアルなどで幅広く活躍。
2009 写真集「TEN, TEN, TEN.」
2011 写真展「それはただの気分さ」@RCCTYO
2011 Baccara(バカラ ジャパン) の新聞広告で電通ADC賞、朝日広告賞受賞。
2013年 山梨県北杜市小淵沢町に移住し野菜を栽培する。
2015年からは北杜市白州町に移りオーガニック野菜、平飼い養鶏(鶏卵)を始める予定。


近藤ヒデノリ 
クリエイティブディレクター、編集者

1971年東京生まれ。
博報堂で勤務後、ニューヨーク大学大学院で写真と現代アートを学び、9.11直前に復職。様々な企業のブランディングほか、個人としてもメディアを選ばず活動中。
近年の主な仕事に「ヤフオク」、「いろはす」、旅事業「カルトラ」、「水と土の芸術祭2015」など。「未来を面白くする100人」を紹介するWebマガジン「TOKYO SOURCE」編集長、「湯道」家元、雑誌『広告』(-2011)。共著・編著に『これからを面白くしそうな31人に会いに行った』、『混浴温泉世界―場所とアートの魔術性』。2015年2月に編著『都会からはじまる新しい生き方のデザイン URBAN PERMACULTURE GUIDE』が発売。
最近は自宅兼シェアハウスをDIYしつつ、地域に開いた「生活彫刻」にしようと妄想中。